『ありのまま』のあなたが活躍できる機会をつくる

YOUR BENEFIT

上司との人間関係

上から目線の上司の言い方が腹立つ!あなたのとるべき行動とは?

投稿日:

あなたの周りにも

「なんであんな言い方しかできないの?」

などといった

言い方が腹立つ上司はいませんか?

たとえば、、、

 

 

 

 

 

 

 

もういい加減それくらいのことやってよ…

とイヤそうな顔をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書類を投げつけてきては

「これ!」の一言だけ言い放つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え!?こんなこともわかんないの?

と見下した態度をとる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事に対する労をねぎらいもせず

「たいしたことない」などと

心無い言葉を投げつけてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ話している途中なのに

「はいはい、わかった、わかった」

と聞きもしないで打ち切られる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成果報告を聞いたあとで

「こんなことなら

 自分でやればよかったよ…

 まったくもう…」

などと捨て台詞を吐く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出しただけでも「キーッ!!」って

発狂しそうなレベルのものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでこんなにも「上から目線」で

やってくることができるのか

本当に理解に苦しみますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここでは「腹立つ言い方」しかできない上司の

心情について触れていきながら

タイプ別でのそれぞれの対処法をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹立つ言い方をする上司の心情とその対処法

タイプ別での上司の心情とその対処法

をお伝えしていく前に、

あなたには

心得ておいて欲しいことが2つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.上司の態度や言動をよく観察すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.まずは自分が改めるべき点を改善すること

です。

と、こんなことを言われても、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い方が腹立つ上司に非があるんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは悪くない!

そう言いたくなる気持ちもわかります。

ただ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうは言っても相手は上司。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが上司の非を指摘して、

態度や言動を正す

なんていうことは

極めて難しい問題じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それならば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなた自身が変えられる部分に

力を注ぐことのほうが

賢い選択だと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

タイプ別での上司のそれぞれの心情と

その対処法についてみていってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.余裕がないからイライラ

腹立つ言い方しかできない上司というのは、

気持ちに「余裕がない」状態であること

が考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことでいっぱいいっぱいの人って

相手のことを思いやることはできません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことだけで頭の中がパンパンなので、

こんなことを言われたら相手がどう感じるか?

そんなことを考えられる余裕がないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

なぜ余裕がない状態なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにはいろいろな要因が考えられますが、

大半は上司自身の問題(本人の問題)

だと考えて差支えありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「上司自身の問題だ」ということは、

言ってみれば、

あなたがあれこれ考えたところで

良い解決策が見いだせない場合が多い

と考えるのが無難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対処法

もしもあなたの上司が

余裕がないから腹立つ言い方をしてくる

パターンに当てはまるなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラっとする気持ちをグッと堪えて

「何か手伝いましょうか」

と助け船を出してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんはじめは抵抗があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃあ、あんな言い方をしてくる上司です。

助けてなんかやるもんか!

という気持ちのほうが強くて当然です。

ただし、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのストレスを四六時中抱えたまま

同じ職場で仕事をすることを

選択することをあなたが本当に

望んでいるのなら止めはしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

わたしはそんなストレスを抱えたままの

精神的に不自由を感じさせられる・・・

そんな状態に耐えらえなかったので

「助ける」という選択をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、ほかの同僚はことあるごとに

小言やイヤミを言われているにもかかわらず

わたしに対しては業務への文句どころか

小言のひとつさえ言わなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

上司は自分のことでいっぱいいっぱいです。

そんなとき、

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の業務を自主的に手伝ってくれる

そんな部下が現れれば

その部下を無下することなんて

よっぽど性根が腐った人間でない

まず限りできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.周りのことが羨ましいと思える

腹立つ言い方しかできない上司というのは、

自分が満たされていないと感じていて、

そのせいで周りの人のことを羨むような

一面があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってみればジェラシー(嫉妬心)

ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫉妬しているということは、

自分のほうが劣っている

という捉え方をしている

とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

なぜこのような捉え方をしてしまうのか

といえば、

それにはコンプレックスが原因になっている

場合が多いように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にないものを持っていることが

羨ましいと感じる気持ちというのは、

勝手に自分で自分の評価を下げることでも

起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司が自分のことを勝手に過小評価するか、

もしくは、

部下のことを過大評価することでも

起こってしまうわけです。

わかりやすく言うと、

とんだとばっちり野郎ですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対処法

もしもあなたの上司が周りに嫉妬する

ジェラシータイプであれば、

この手の上司が投げかけてくる言葉は

真に受けないでスルーすること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのみち上司の解釈ひとつひとつは、

上司のさじ加減にかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなコントロールできないようなことに

いちいち付き合う必要はありません。

そんなことしていたら、

あなたの身がもたないばかりか

仕事になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに相手の反応を変える力を持っている

「あいづち」についてもご覧になっておくと

いいと思います。

関連記事

会話 話題 – あいづちのバリエーションを増やしてどんどん好かれよう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.自分のほうが優位でないと気が済まない

腹立つ言い方しかできない上司というのは、

妙にプライドが高いと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会的地位に無意識レベルで固執する

そんな傾向があり、

本人に自覚症状がないまま

周りの人間を自分よりも下に見るクセ

がついてしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のタイプの上司は、

自分よりも下だと感じている部下から

なにか指摘を受けたり、

小さなミスを発見されたりされると

それをきっかけにイヤミを言ってくる

ようになることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対処法

もしもあなたの上司が

自分のほうが優位でないと

気が済まないタイプであれば、

安易に指摘することはタブー

と心がけておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

指摘することが自体がダメだ

ということではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司のプライドを傷つけない形で

指摘することに配慮すること

がポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会議など大勢の人がいる前での

指摘などは絶対にやってはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなときは、

会議が終わってからこっそりと

上司と2人のときに個別で指摘することで、

上司のプライドを傷つけずに済みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.他人にも自分の価値観を押しつける

腹立つ言い方しかできない上司のなかには、

仕事に対して完璧主義的な一面を持っている

ような人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のタイプは、

部下にも自分と同じレベルでの

成果を求める傾向があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は以前のわたしもこのタイプでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の部下には本当に悪いことをしたと

モーレツに反省しています。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このタイプは言い換えると、

部下に対して過剰に期待してしまうようなものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できるようになってもらいたい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、これくらいできるように

なってもらわないと困る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった部下への期待感

かえって「できないこと」に対して

小言やイヤミを言ってしまう引き金

になってしまうわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対処法

もしもあなたの上司が他人にも

自分の価値観を押しつけるタイプであれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「上司ができること」と「部下ができること」は

同レベルではないことに気づいてもらうこと

がなにより重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実力差があるからこそ、

部下と上司という関係にあるわけですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレイングマネージャーのような働き方

をしている上司は部下に対して

「自分と同じようにできる」

と誤解してしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その点に気づかせることができなければ、

過剰な期待がますます膨らんでいって

小言やイヤミが増えていってしまいます。

 

とはいえ、

上司相手に意見することも抵抗があるかも

しれませんのでこちらも合わせてご覧ください。

関連記事

ビジネスシーンの「伝えづらい」を解消させる6つの秘訣 リーダーシップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

なぜその上司はそのような言い方しかできないのか?

まずは「よく観察する」こと。

 

そして、次に

自分自身で直したほうがいいところを

改めること。

 

決して相手を変えようなどと思わずに

淡々と自分自身でできることに注力しましょう。

 

こういった上司はそのうち自滅します。

 

たとえ、あなたの目の届く範囲でわかりやすく

痛い目に合わなかったとしても、

こうした振る舞いはいずれボロが出ます。

 

いつまでもネコをかぶったまま

うまくいくほどビジネスの世界は甘くありません。

 

反面教師にしてあなた自身の成長のために

時間を有効に使いましょう。

-上司との人間関係
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© YOUR BENEFIT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.