『ありのまま』のあなたが活躍できる機会をつくる

YOUR BENEFIT

リーダーシップ 上司との人間関係

上司がウザい すぐやろうと掛け声だけのバカの対処法/リーダーシップ

更新日:

調子よく、それいいね!

お、面白そうなアイデアだな!

などと言って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その場は「やる気」にさせておきながら、

その後は音沙汰なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとから口を開いたと思えば

「やっぱりあの話はナシの方向で…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんていう「はぁ!?」

っていう上司いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなバカにまともに付き合っていたら

あなたのパフォーマンスが

本当にもったいない限りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではそんなあなたが

こんなバカをスマートに回避する

術を身につけ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたらしく振る舞えるように

なるための内容を解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すぐやろう」と掛け声だけのバカ

仕事を成功させるには実力も大切だが、勢いのほうがもっと重要

仕事を成功させるには実力はもちろん大切。

でも実はそれよりも、

勢いのほうがもっと重要だったりするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、勢いに乗ってしまえば、

普段は並の力しか出せない人でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラスアルファのパワーが出る

なんて事は少なくありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よし!このブームに乗って

 ガンガン攻めよう」

と経費をドンと出してくれたりするのも、

勢いがあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事実、これが呼び水になって

さらにブームに火がついたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「運勢」という言葉通り、

運という勢いを呼び寄せてしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが強いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番困るのはこの勢いを

止められること

です。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球でもサッカーでも、

監督やプレイヤーが勢い、

すなわち、

ゲームの流れに神経質なほど

敏感な理由は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実力以上の力が発揮されて

勝ったり負けたりすること

をよく知っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で「タイム!!」などと

スパっと切られると、

この勢いが止まってしまうので

非常に嫌がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「水を差すな!!」

というのは勢いが止まってしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勢いに乗って展開すると

できなかった仕事ができたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは奇跡ではなく

勢いに乗ってしまった結果

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった「勢い」を読み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持続させられるかを感じ取ることも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーシップとしての

重要な能力のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よしやろう!」と言う時が、モチベーションもピーク

この手のバカに対しては

「よし、やろう!」と言うときが

モチベーションもピークだと思ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この盛り上がりを捉えないで、

後でやろうとしても手遅れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、バカにはそれがわかりません。

と、いうかあまりにも無頓着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばこんなふうに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカ上司

「その企画、面白いね」

 

部下       

「そうですか??」

 

 

 

 

 

バカ上司

「よし、すぐやろうじゃないか」

 

部下          

「ありがとうございます。

 では、        

スタッフを集めます」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから何の話もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部下           

「あれ、どうなりました?」

 

 

 

 

 

 

 

バカ上司

「あれってなんだ??」

 

 

 

 

部下           

「すぐやろうって言っていた

あの企画のことです」  

 

 

 

 

 

 

バカ上司

「あれからよく考えたんだが、

 どうももう一つ乗り気に

 なれないんだよね」

 

 

部下

「・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人のやる気を消すバカ

「すぐやろう!!」と口ではいう割には、

すぐにやりません。

これはチームの雰囲気を悪くしますし、

人のやる気を消してしまいます。そこで、

 

 

 

 

 

バカ上司

「いくらでも提案してくれ」

 

 

 

 

 

部下         

「提案したら対応して  

もらえてるんですか??」

 

 

 

 

 

バカ上司

「それはよく検討してから

 決めるよ」

 

 

 

こういうリズム感では、

仕事ならうまくいくわけがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

アイデア会議や企画会議では

シラけてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用されると思うから

一生懸命に考えるのであって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつ実現するか分からないような

仕事に本気で取り組むわけが

ありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事には、打てば響く阿吽の呼吸、というリズム感が大切

 

 

 

 

粋な上司

「そのアイディア、面白い!!

 よし、採用!!

 

 

 

 

 

部下         

「それでは、      

3日以内に回答します

 

 

 

 

 

上司

「大きなテーマだ。方向性としてはとてもいい。

 でも、関連部署との調整もあるから、

 1週間後に報告するということで

 よろしく!!」

 

 

 

このように即答してもらうことです。

これが一番効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、即答できなければ

期日を明確にしてもらうことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば上司が無頓着ではなく、

「あなたの意見やアイディアを

 無駄にはしてません」

としてメッセージを受け取ることが

できますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカに対する防衛策

期日を明確にしない相手なら、

逆提案すればいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでに回答していただけますか??

団体交渉と要領は同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

みんなに一斉に手帳へその記述を

メモってしまいましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その様子を見たら

これはいい加減な対応はできないな

と覚悟するはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのくらいにやらないと、

口先人間には対応できません。

このことをよーく覚えておきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「バカ」の利用法

もしその仕事があなたにとって

やりたい仕事であれば

「すぐやろう」と言われたら

間髪を入れずにどんどん進めてしまうこと

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既成事実を作ってしまう

という手ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「指示通りにしました!」

と、

ことあるたびに報告しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

周囲に人がいる時を見計らって

やってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう相手と仕事をしていて

注意すべき点は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとになって

「オレは知らん、

 アイツが勝手にやったことだ」

というパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にリーダーシップのかけらものない

残念な人です…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

その仕事があまりうまくいきそうにないとき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オレは乗り気じゃなかったんだけど、

 キミがどうしてもやりたい

 と言い張るもんだから」

と逃げられてしまうことだって

あり得るわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時はどうするか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「その時はその時です

責任を取るつもりで

ことに当たればいいだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹をくくっておきましょう。

あなたがこのような行動をとることで、

あなたには

リーダーシップが身についていく

ことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし失敗したとしても、

それは貴重な経験になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やらないで後悔するよりも

やって後悔したほうがマシ

そう思いませんか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-リーダーシップ, 上司との人間関係
-, , , ,

Copyright© YOUR BENEFIT , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.