『ありのまま』のあなたが活躍できる機会をつくる

YOUR BENEFIT

上司との人間関係

上司の私語がうるさい!仕事にならないと感じる時の対処法

投稿日:

おしゃべり好きの上司がいると

なにかと手を焼いてしまいますよね。

こんな上司に限って、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

私語禁止」とか言っておきながら

自分が率先して私語をしている始末…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説得力ゼロじゃん(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、あなたがもしも

仕事に集中したいのに、

この手の上司のせいで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事にならない」と感じているならば、

ぜひ最後までご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司がやたら私語をしたがる理由

わたしたちは、自分以外の誰かに

自分の話を聞いて欲しいという欲求

を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは承認欲求とも呼ばれていて、

簡単に言うと

「自分のことを見てほしい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

または、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分のことを認めてほしい」という

心の表れなんですね。

 

上司の心情について気になるという方はこちらもご覧ください

関連記事

上司が嫌いになったら…それ本心じゃないよね?ウソをつく上司の心情

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司がやたら私語をしたがるのは、

つまり

「自分のことをもっと見てほしい」

「オレ(わたし)って偉いでしょ」

「「オレ(わたし)ってスゴいでしょ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう気持ちが無意識的に生まれて、

その気持ちがおさえられなくなって

「なぁ聞いてくれよ」となるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司の私語をストップさせたい…

こういったおしゃべり好き、

私語大好きな上司のもとで

働くとなると

かなり仕事の効率は下がりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッキリ言ってご愁傷様です・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、これで終わってしまっては

ここで書いている意味がありませんよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分よりも立場が上の人に対して

注意するのってやはり難しいもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、できないこともありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穏便に私語をやめてもらうなんてできる?

先にもお話しましたけど、

やたら私語をしてくる上司は

自分のことを認めてほしいという欲求

に従って生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その欲求が満たされれば「終わる

わけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司の私語が邪魔で仕事にならない…

と感じているならば尚更、

話を聞いてあげないと延々と

欲求不満の状態が続くことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満足するまで上司の話を聞いていたら

それなりに時間がかかってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも困りものですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上司にいまやっている仕事のなかで

特に大変そうなものを相談してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この仕事にちょっと手こずっていて、

 頭かかえているんですよ。

 ちょっと見てもらってもいいですか?」

という具合にです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ敢えて相談するのか?

上司に仕事のことで相談するのは

仕事において正常なコミュニケーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司の私語に比べれば、

それはそれは「正常」ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司の私語に付き合っている最中に

仕事の相談をするのは

「今は仕事時間中」と再認識してもらう

ことが狙いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと伝わってくれたら

ラッキーくらいの気持ちで

当たってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまでも捉え方は人それぞれ

だからです。

 

上司のことでお困りならこちらも合わせてご覧ください

関連記事

上司が無能すぎる!組織で自分流を貫くための3つの心がけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人だと割り切る

上司が私語をしているのがうるさくて

仕事に集中できない。

でもだからといって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司に面と向かって「うるさい!」とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いいかげんにしてください!」などと

なかなか言えませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

こんな風に考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは確かに私語でうるさい上司に

「仕事しろよ」と感じていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

「今だけはフリータイム」

ちょっと肩の力を抜いてもOK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがどんなに「こうあるべきだ!」

という理想論をかかげたところで

私語でうるさい上司には

なかなか届きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、自分の価値観を人に強いること自体

あまり意味をなしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん仕事中の私語を全面容認している

なんてことを言っているわけじゃありませんよ。

そうではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の上司は「このくらいの私語はOK」

という価値観で仕事中に私語をしている

という事実があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時点であなたの価値観とに相違がある

わけですから、

そこに安易に踏み込むと痛い目にあいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションをとることが

目的でお互いに考え方を確認し合おう

そういった考えが根底にあるかも

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人によって、相手を理解しようとするときの

アプローチの仕方はさまざまです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

じっくりと相手のことを観察することで

理解につとめようとする人もいますし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手との雑談のなかで相手の考えを

理解しようとする人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかには、

仕事に取り組む姿勢を見てないようで

見ていたりすることだってあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたと同じように考えている人は

稀(まれ)だということを踏まえて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私語が多い上司は私語が多い上司で、

その人の考えで動いているわけですから

「そういう人だ」と割り切ること

解決のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面上での対応がNGな理由

表面上での対応がNGな理由、

それは根本的な解決にならないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、上司の私語がうるさいから、

それがもし聞こえていたとしても

聞こえないフリ」をするとか

仕事に集中しているフリ」をするとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらが有効な手段のひとつではあることは

まちがいないです。

でも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も、何度も同じような場面に

出くわすことになり、

それこそ堂々巡りになりませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの場合、根

本的な解決をしたかったので

こんな形をとりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場の人間とは仕事以外のことには

一切関わらない

という選択をしたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、これだけ聞くと

ちょっと過激な対応に感じるかも

しれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これはあくまでもやり方のひとつ

であって、

必ずしも「こうしたらいいよ」というもの

ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考え方のエッセンスを取り入れてもらえる

といいのではないかと思って

敢えてお話させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこんなやり方をとろうかと思ったか

というと、

これまでにたくさんの人が

いろんな事情で仕事を辞めていったのを

見てきてあることを感じたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤになって辞めた、

続けたかったけど辞めた、

ほかの仕事をしたいと思って辞めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな事情であろうと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも仕事でストレスを抱えていたならば

その環境から脱することこそが

一番の解決策になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうことは「職場」の人間に

好かれようが嫌われようが、

そんなことを気にしている自分の考え方自体が

視野がせまかったと気づいたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからというもの、

仕事に向き合う「軸」が変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司や同僚に好かれるために

自分のなかで

仕事をしているんじゃない、

という明確な基準ができてからというもの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく「仕事の成果」にこだわる

ようになりました。

すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まわりで私語をしていようが

自分の目の前の仕事に没頭している状態だと

ガヤが気にならなくなっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまになって振り返ってみると、

周りの人が気になっていた頃の自分は

仕事に「本気」で向き合えていなかった

ように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好き嫌いに振り回されることがなくなった

おかげで「私語」で邪魔されるという

心理状態に自分がならなくなって

本当によかったなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンタンにできる私語がうるさい上司のかわし方

・笑顔で「いま集中してるのですみません」ニコっ!

・この仕事あとまわしにしたらお客さんから

 苦情来るかもしれませんけど…大丈夫ですか?

 

どちらも爽やかな草原を彷彿させるくらいの

笑顔で対応してやってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると、せっかく集中していた矢先に

大事な集中力を持ってかれたことで…

「チッ、邪魔すんなよッ!」

って反応したくなるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

悪いことは言いません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときこそ、笑顔を忘れずに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真顔で注意されると反感を買います。

ですが、

笑顔で正論言われて諭されると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・言われたほうのダメージは

けっこう大きいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

もし私語が上司にとってコミュニケーションの一環

となっているのならば

「許容範囲」だと考えるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうでないのなら、

仕事中の私語を聞かないことで

上司が不機嫌になったとしても、

あなたに非はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの仕事に自信を持って

集中するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に「やってはいけない3つのこと」を

ご紹介しておきますので参考になさってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってはいけない3つのこと

1.感情的になって個人で注意する

確かにうるさいです。辞めてほしいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

感情的になってあなたひとりで立ち向かうのは

やめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分が悪いですし、あなたひとりが反感を

買ってしまうだけでなく

その後も損な役まわりを一手に引き受けなければ

ならなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.”常識でしょ?”と注意する

上司が「常識」がわかっているならば、

そもそもあなたが迷惑だと感じるようなことは

しませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの常識とズレがあるから

あなたはイライラしているわけですから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の言い方に事態を好転させる力は

あまりありません。

言ったときにスッキリした気持ちになるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10回深呼吸して落ち着きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.前触れなくいきなり指摘をする

これをやると逆ギレされる可能性もあります。

なんにせよ事情があったかもしれないですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指摘をするとしても、

相手の言い分を聞いてからでも遅くありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い分も聞かずに頭ごなし感満載で

突っかかっていくと相手を

「なんだこの空気の読めないヤツは?」

と闘牛を赤い布でヒラリとかわす

マタドールのようにさせてしまって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのほうが失笑を買うハメになる

なんてことにもなりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

上司に腹が立っている!というあなたはこちらもあわせてご覧ください

関連記事

上から目線の上司の言い方が腹立つ!あなたのとるべき行動とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-上司との人間関係
-, , , , , ,

Copyright© YOUR BENEFIT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.