『ありのまま』のあなたが活躍できる機会をつくる

YOUR BENEFIT

リーダーシップ 部下との人間関係

意識低い部下 不平不満ばかりこぼすバカの対処法【リーダーシップ】

更新日:

不平不満ばかりこぼす人間がいます。

こんなのを部下にしていたら、

上司であるあなたはさぞ大変でしょう…

 

 

まだあなただけへの影響ならまだしも、

チームや職場だけでなく

お客様にまで迷惑がかかる

そんな場合もあるので厄介です。

 

 

さて、今回はそんな口を開けば

「不平不満」ばかりをこぼす残念な人の

対処法について解説していきます。

 

 

不平不満ばかりこぼすバカの対処法

  • もっと予算があれば
  • もっと自由にさせてくれれば
  • もっと有名な会社だったら
  • もっと権限をくれたら
  • もっと上司の頭がよかったら
  • もっと宣伝してくれたら

もっと、もっと、、、

不平不満ばかり言っています。

 

こういうのを

無い物ねだりと言います。

 

 

これって言い換えれば

したくてもできない

状態なんですね。

 

 

もっと売り上げ増えたら

その分ちゃんと予算取れる

 

 

最初から有名な会社なんて

ありません

 

 

こういった部下には

自分の力有名にしてみろ

と言ってやりたくなりますね。

 

 

権限を与えたら、その分ちゃんと仕事ができるのか?

上司であるあなたの立場では、

言いたい事は山ほどあると思います。

 

 

それを言わずに

ぐっと飲み込んでいるあなたは、

大人の対応ができている上司

と思います。

 

 

子供は我慢できませんからね。

すぐに

不平不満を漏らします

 

 

また、

 

 

グチをこぼしますし

文句を言います。

 

 

外部の人間には決して

言うべきではないことでも、

平気で会社のさらします

 

 

つまり、、、

ビジネスパーソン云々という前に、

社会人としての常識がない

ということ。

 

 

grorious discontent

IBMが日本で工場を作った頃というのは、

まだそれほど有名ではなく

あるひとりの若者がいつも文句ばかり

言っていたそうです。

 

 

本社に来ても不平不満ばかりをこぼし、

それを聞いたアメリカ人のひとりが

一言こう言ったそうです。

 

 

「どうせ言うなら、

 grorious discontentだよ」

 

 

この英語ですが「栄光ある不満

とでも訳すのでしょうか。

 

 

その意味するメッセージは、

 

 

生産性のない不平不満なんて、

いくらこぼしたところで、

会社はよくならない

 

 

言っている本人の待遇

良くなるわけがない

 

であれば、

 

 

そんな不平不満を

言わないですむ

そんな解決策を考えて

会社に積極的に提案

してはどうだろうか

 

 

というものです。

 

 

まさに目からウロコが落ちる

というのは

このことじゃないでしょうか。

 

 

さりげなく言われましたが、

頭にガツンと一撃されるくらいの

インパクトじゃないですか?

 

 

だから、

この不満分子は目の色変えて提案した

そうです。

 

 

この不満分子が後の社長になった

ということなので、

人間目が覚めたらいくらでも変われる

ということがみてとれます。

 

 

部下や後輩への注意の仕方にお困りじゃないですか?

そんなあなたはこちらもご覧になってみてくださいね。

 

バカに対する防衛策

不平不満をこぼして、

それが解決につながるのであれば、

死ぬほど言えばいいと思います。

 

 

しかし、

そんな事は絶対にあり得ません。

 

 

そのまま文句を言いながらも

(しかも、文句も小さな声で、

 上司のいないところで言うだけ)、

定年までつつがなく過ごす人が大半

ではないでしょうか。

 

 

だから、

この不平不満分子から

同意を求められても、

決して同意しないこと

です。

 

 

「この会社は、待遇が悪いと思わないか?」

こんな質問に安易に

「それは、A社と比べたら良くないけど……」

こんなふうに答えてしまったら最後、

 

 

〇〇君が待遇が悪いと

 愚痴をこぼしていました

と、チクられるのがオチです。

 

 

「待遇が悪い?そりゃオレたち、

 成果あげられてないからな。

 もっと頑張って給料あげようぜ

生産的な意見を言えばいいです。

 

 

そうすると

こいつは俺の仲間じゃない

 他のヤツと話をしよう

自然と離れていくでしょう。

 

 

もちろん、

こんな不満分子と仲良くなっても

ろくなことがありません

かえって好都合というわけです。

 

 

「バカ」の利用法

この手のタイプに言うべき事は

ひとつです。

 

 

現実をぶつけて

目を覚まさせてやること

です。

 

 

「そんなに不満なら辞めたら?」

 

 

「お前の望みが叶えられる会社に

 転職したらいいじゃん。

 応援するよ」

 

 

要するに

働かせてもらえるだけでも

 ありがたいと思え

伝えてやることです。

 

 

仕事ができる人間ほど

不平不満は言わないもの

です。

 

 

というのも、

仕事に集中していれば

そんなこと言ってる暇がないし、

 

 

本当に不満があったら

さっさと転職してしまう

からです。

 

 

まとめ

不平不満、グチを言っている人間には

取り合わない、付き合わない、近づかない

そして、絶対に同意しない。

 

 

デキる人間ほど、不平不満を言わずに

淡々と成果を出すための努力を行っているもの。

本当に不満で不満でたまらないなら

さっさと転職をしてしまえばいいだけの話。

 

 

-リーダーシップ, 部下との人間関係
-

Copyright© YOUR BENEFIT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.