『ありのまま』のあなたが活躍できる機会をつくる

YOUR BENEFIT

上司との人間関係

話が長すぎ…な説教上司を撃退する3つの知とは 上司の対処法

更新日:

どうも影山です。仕事をしていて、思わずウンザリするシーンってあったりしますよね。

たとえば「説教上司」とご対面したとき。こうしたすぐに説教してくる上司の撃退方法を紹介します。

 

個人的なことではあるんですが、身勝手な上司って心底嫌いなんですよね…(笑)。

とはいえ、無視するわけにもいかないわけで…

そんないかんともしがたいモヤモヤ感、ワナワナ感(握ったままの拳の震えが止まらない)、よくわかります…。

 

でも、どんな状況であれ「必ず突破口はある」いつまでもやられっ放しなんて我慢ならない!と感じているならぜひ参考になさってみてください。

突き詰めていくと、上司といえども所詮は弱弱しいひとりの人間に過ぎませんので。

 

説教上司を撃退する「3つの知」

自分の考えや価値観を押しつけてくる上司は、非常に厄介ですよね。

部下としては、こうした「説教上司」に対して、なんとか撃退したいところ…。

 

こうした「説教上司」へは「3つの知」を活かすことがポイントです。

その3つの知というのは、「承知」「周知」「認知」です。

 

「承知」によって上司自身に説教することそのものに価値がないことを植え付けていきます。

「周知」によってあなた自身が受けるダメージをケア(無効化)していきます。

「認知」を変えて、説教というネガティブなものをポジティブな機会としてとらえていきます。

 

それでは順番に解説していきましょう。

 

撃退法1 説教に価値がないと「承知」させる

説教上司の心理として「説教する以外に方法がない」そんな状態にあることを理解することが重要です。

もう少し見方を変えると、上司は「説教をすることで自尊心を保っている」という捉えるわけです。

 

説教上司は、部下の行動を「ダメなモノ」だと説教を使ってフレーミングすることで、自分のプライド、存在価値の高さを自認したいだけなんです。

そのために、もっとも手っ取り早いコミュニケーションとして「説教」を選んでしまいます。

 

そこで、「説教」には価値がなく、上司が自分の”自尊心”にとって、説教はむしろデメリットばかりだ、と承知すれば、説教は減ってくる可能性がありますよ。

説教に対してひ弱になった様子を見せずに、また説教に反論もせずに、ただただ淡々と説教を受け流すようにしましょう。

ポイント

説教の価値をマイナスにして、説教に価値がないと承知させる。

 

撃退法2 同僚と同調し説教への「周知」を図る


説教が自分にとってできる限りノーダメージになれば、説教そのものが無効化されていますよね。

では、どうすればノーダメージにできるでしょうか。

 

そのためには「説教をする上司が完全に悪い」という共感をしてくれる同僚を見つけることです。

同志がいるだけで、心理的な安心感を得ることができます。

 

共感してくれる同僚を見つけるためには、まず同僚に「上司の説教についてどう思うか?」を訊ねてみましょう。

もし、あなたと同じように感じている人がいれば、それをどんどん周囲に広げていきましょう。

 

「上司の説教=悪」という現実を周知させていくわけです。

 

自分以外にも、わかってくれる人が存在する。

この事実があるだけでも、説教へのダメージはかなり小さなものになりますよ。

できれば組織の中でも重要なポジションの人にまで周知させることができればベストです。

ポイント

共感してくれる同僚を見つければ心理的な安心感が得られ説教へのダメージが小さくなる

 

撃退法3 説教に対する自分の「認知」を変える

では次に、説教に対するあなた自身の捉え方についてです。

私たちが「説教」だと認知してしまうのは、上司の指摘やアドバイスが「的を射てない」「本質を理解してくれていない」「意味がない」などと感じ取ってしまうためです。

 

それに加えて、説教はあなたが求めていないタイミングで不意に訪れます。

そして「だからお前はダメなんだ」感と自己否定を刷り込んでくるために、”嫌悪感”を持ってしまいがちです。

 

ただ、説教は人間力を底上げする大事な機会ととらえることもできます。

上司が嫌いで嫌いで憎しみさえも覚えてしまっているようであれば「なんで自分だけわざわざそんな捉え方しなきゃいけないんだよ」と思うかもしれません。

 

ですが、客観的な自分を受け入れるのは重要です。

 

説教はあなたの予期せぬタイミングで、あなたに対するアイデアや指摘が降りてくるからです。

それこそ自分を省みるチャンスです。

 

ポイントとして、上司を「感情」でとらえるのではなく、「情報」でとらえてみましょう。

そうすれば、あなたは説教によって、上司から単なるアイデアを受け取ったにすぎません。

 

そのアイデアを確認したり、応用したり、反論したり、他の分野の法則に置き換えたりすることで、あなたが自分自身で勝手に向上するヒントや解決策を得られるようになるとも言えます。

結果的にあなたは上手に説教を利用できているようになります。

ポイント

相手の感情に反応しないで、説教を単なる「情報」として受け止める

 

まとめ

説教に価値がないと「承知」させる
─上司の自尊心を満たすだけの説教はデメリットでしかない

同僚と同調して説教への「周知」を図る
─共感できる同僚とともに「説教=悪」を周りに認識させていく

説教に対する自分の「認知」を変える
─上司を「感情」でとらえるのではなく「情報」でとらえ、「説教=アイデア」に置き換える

 

所詮、わたしたちは誰ひとり完璧な人間は存在し得ません。

上司にしろ、部下にしろ、相手の態度に完璧を求めようとするのは不毛です。

 

だったら、少しでも自分のなかでの捉え方を変えて対処すらも楽しみに変えてしまう、そしてその結果、自己成長につなげてしまえると考えてみてはいかがでしょうか。

-上司との人間関係

Copyright© YOUR BENEFIT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.